偽の通信販売サイトに注意!

【事例】

掃除機が欲しくて家電量販店のホームページを見ていたら、ある有名家電メーカーAのものと思われる販売サイトの広告が表示されたのでアクセスした。Aの掃除機が相場よりかなり安価だったので注文し、クレジットカード払いにした。

後で届いた承諾メールに記された差出人名をよく見ると、Aの名称と似ていたが異なっていた。確認のため、販売サイトにアクセスしようとしたが、消えてしまったらしく見つからない。その後、掃除機は届かず、外国から注文した覚えのないマフラーが届いた。

【解説】

正規の通販サイトの商号や写真、文章などを無断でコピーした偽の通信販売サイトに注意が必要です。このようなサイトでは、代金を支払っても、購入者に商品が届かない、偽ブランド品や注文したものと全く異なる商品が送られてきたなどのトラブルが発生しています。

偽の通信販売サイトの中には、正規のサイトとよく似ており、一見しただけでは見分けがつかないものもあります。

以下のアドバイスを参考に、少しでも不安を感じたら、消費生活センターに相談しましょう。

【アドバイス】
1.以下に該当する場合は偽の通信販売サイトの可能性があるので、注意しましょう。
・一般に流通している価格よりも極端に値引きされている。
・サイトURLがおかしい(ブランド名の綴りが異なるなど)。
・事業者情報(名称、所在地、連絡先)の表記がない。
・所在地をインターネットで検索すると、田畑、個人宅などになっている。
・電話をかけても呼び出し音が鳴らない。
※相手に電話番号を悪用されないよう、非通知でかけることをお勧めします。
・サイトやメールで使われている日本語が不自然(字体や文章表現がおかしい)。

2.支払い方法が銀行振込のみで、口座名義が「個人名」の場合は注意しましょう。支払ってしまうとお金を取り戻すことは困難です。
また、偽の通信販売サイトでは、クレジットカード決済をした場合に、カード情報などの個人情報を悪用されてしまうおそれがあります。

3.他の利用者の評価が参考になる場合もあります。

4.困ったとき、不安なときは消費生活センター「内線192」または消費者ホットライン「188(いやや)」にご相談ください。

参考情報

埼玉県消費生活支援センター(くらしの110番)

消費者庁ウェブサイト

この記事に関するお問い合わせ先

市民協働課

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 ファックス0480-44-0257
協働推進担当 内線172・173・174
市民生活担当 内線172・173・174

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2020年11月17日