郷土資料館 令和元年度第2回企画展

埼玉県東部地区の交通

幸手は、利根川や権現堂川などの河川や、鎌倉街道や日光道中などの道との関わりが深く、古くから水上交通、陸上交通の要衝として栄えてきました。また、本年は幸手駅の新駅舎が完成するなど、鉄道交通との関わりにおいて新時代を迎えています。

幸手市を含む15市町で構成される東部地区文化財担当者会では、近年「交通」を研究課題として調査研究に取り組み、その成果として調査報告書を刊行し、2年間にわたり巡回展を開催しました。

幸手市でも、平成30年11月の文化祭に合わせ、パネル展を2日間実施しましたが、会期も短く資料の展示もできなかったことから、改めて幸手市郷土資料館の企画展として実施します。

 

展示期間 : 令和元年9月3日から令和元年10月27日まで

 

この記事に関するお問い合わせ先

幸手市郷土資料館

〒340-0125
埼玉県幸手市大字下宇和田58番地4
電話・ファックス 0480-47-2521

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2019年09月02日