自立支援教育訓練給付金事業

 母子家庭の母又は父子家庭の父が、仕事に必要な資格や技術を身につけるため、事前の就業相談を通じて指定された講座(受講対象講座)を受講し、修了後決められた手続きをすれば、支払った費用の一部を支給します。
(注意)必ず窓口での事前相談が必要です。

対象

幸手市内に居住する母子家庭の母・父子家庭の父で、次のすべての要件を満たす方

1.児童扶養手当の支給を受けているか、又は同様の所得水準にある方

2.就業相談を通じて、教育訓練講座を受講することが適職に就くために必要であると認められ

た方

3.過去に自立支援教育訓練給付金(過去に母子家庭自立支援教育訓練給付金)を受給してい

ない方

(注意)受講対象講座としての指定を受ける前に受講料を支払った場合や既に講座を受講した場合は、対象となりません。

支給額

1.雇用保険による一般教育訓練給付金の支給を受けることができない方

 受講費用の6割相当額(限度額は20万円で、1万2千円を超えない場合は支給されません)

2.雇用保険による一般教育訓練給付金の支給が受けられる方(平成29年度より)

1に定める額から雇用保険による一般教育訓練給付金の額を差引いた額

(注意)受講料には、補講費や教育訓練施設が実施する各種行事への参加費などは含みません。

手続き

講座を受ける場合

 受講を希望する講座の受講開始日のおおむね1か月前までに、こども支援課(ウェルス幸手内)に就業相談をしていただき、講座の受講が仕事に役立つと認められる場合に、受講対象講座としての指定を行います。

指定の対象となる講座

1.雇用保険の教育訓練給付制度の指定教育訓練講座

2.就業に結びつく可能性の高いと国が指定する講座

3.市長が市の実情に応じて認める講座

指定を受けるために必要な書類

1.幸手市自立支援教育訓練給付金受講対象講座指定申請書

2.児童扶養手当証書

3.受講講座の案内書(パンフレット)

(注意)受講内容、受講費用及び受講日程の記載されているもの

(注意)申請の際、印鑑をお持ちください

給付を受ける場合

 受講修了後の翌日から1か月以内に、こども支援課(ウェルス幸手内)に申請してください。

支給申請に必要な書類

1.幸手市自立支援教育訓練給付金支給申請書

2.児童扶養手当証書

3.対象講座指定通知書

4.教育訓練修了証明書(教育訓練施設の長が発行したもの)

5.支払った費用の領収書(教育訓練施設長が発行したもの)

6.教育訓練給付金(一般教育訓練)支給・不支給決定通知書

※雇用保険制度から一般教育訓練給付金の支給を受けることができる方については、先に

ハローワークで支給申請を行い、6の通知書を提出してください。

(注意)児童扶養手当を受給していない方は、本人及び対象児童の戸籍謄本(または抄本)が必要です。

この記事に関するお問い合わせ先

こども支援課

〒340-0152
埼玉県幸手市大字天神島1030-1(ウェルス幸手内)
電話 0480-42-8454 ファックス 0480-42-2130

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2018年11月20日