令和2年度ひとり親世帯臨時特別給付金について

ひとり親世帯臨時特別給付金について

  新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給するものです。

支給には「基本給付」と「追加給付」があります。

対象区分ごとに手続きや提出書類が異なりますので、ご注意ください。

「支給要件確認フローチャート」により、給付の対象になるか確認することができます。

支給対象者

以下の、1.から3.のいずれかに該当する方

1.令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方

2.公的年金等※1を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方※2

3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

1 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

2既に児童扶養手当受給者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。

1.令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方

基本給付

支給額

1世帯あたり5万円、第2子以降1人につき3万円

支給時期

8月下旬(予定)

支給方法

児童扶養手当振込口座に振込します。

手続き

申請は、不要です。

※ 基本給付を希望しない方は、受取拒否の届出書の提出が必要です。

追加給付

対象

基本給付対象に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し収入が減少した方

支給額

1世帯あたり5万円

支給時期

申請内容を確認して順次振込します。

支給方法

児童扶養手当振込口座に振込します。

手続き

申請が必要です。  

新型コロナウイルス感染症に起因して、令和2年2月以降、勤務先が休業した、学校休業のため子どもの世話をすることが必要となり働く時間が減少したなどの影響がある場合に申請ができます。

必要な書類

  1. ひとり親世帯臨時特別給付金 申請書(請求書) 【追加給付】  (様式第5号)

申請期間

令和2年7月17日から令和3年2月26日まで

2.公的年金給付等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方

「公的年金等」とは、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などを指します。既に児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。

基本給付

支給額

1世帯あたり5万円、第2子以降1人につき3万円

支給時期

申請内容を確認して順次振込します。

支給方法

申請時に指定された口座に振込します。

手続き

申請が必要です。

公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていな方(全額停止されている方)で、平成30年の収入(所得)が児童扶養手当の支給制限限度額未満の方は、基本給付の対象となります。

必要な書類

  1. ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【基本給付】公的年金給付等受給者用 (様式第3号)
  2. 申請者・請求者本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等の写し)
  3. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードの写し)
  4. 児童扶養手当の支給要件を確認できる書類(戸籍謄本または抄本) ※ただし、既に児童扶養手当の受給資格について認定を受けている場合は不要です。
  5. 簡易な収入額の申立書 ※申請者の生活を経済的に支えている養育義務者などの方がいる場合は、その方の申立書の提出も必要です。

申請期間

令和2年7月22日から令和3年2月26日まで

追加給付

基本給付対象に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し収入が減少した方。

支給額

1世帯あたり5万円

支給時期

申請内容を確認して順次振込します。

支給方法

申請時に指定された口座に振込します。

手続き

申請が必要です。

新型コロナウイルス感染症に起因して、令和2年2月以降、勤務先が休業した、学校休業のため子どもの世話をすることが必要となり働く時間が減少したなどの影響がある場合に申請ができます。

必要な書類

1.ひとり親世帯臨時特別給付金 申請書(請求書) 【追加給付】  (様式第5号)

申請期間

令和2年7月22日から令和3年2月26日まで

3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

令和2年2月以降の任意の1か月の収入額を12か月換算した額が児童扶養手当を受給している方と同じ水準になっている方を対象としています。

既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、申請時点で、児童扶養手当の受給資格者となる方も対象となります。

基本給付のみ支給します。

収入の目安

扶養している人数により次の額が目安となります。

申請者用収入基準表
扶養人数 収入基準額(年間)
0人 3,114,000円
1人 3,650,000円
2人 4,125,000円
3人 4,600,000円
4人 5,075,000円
5人 5,550,000円
養育者・扶養義務者用収入基準額表
扶養人数 収入基準額(年額)
0人 3,725,000円
1人 4,200,000円
2人 4,675,000円
3人 5,150,000円
4人 5,625,000円
5人 6,100,000円

 

基本給付

支給額

1世帯あたり5万円、第2子以降1人につき3万円

支給時期

申請内容を確認して順次振込します。

支給方法

申請時に指定された口座に振込

手続き

申請が必要です。

必要な書類

1.ひとり親世帯臨時特別給付金申請書(請求書)【基本給付】家計急変者用(様式第3号)

2.申請者・請求者本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等の写し)

3.受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードの写し)

4.児童扶養手当の支給要件を確認できる書類(戸籍謄本または抄本)※ただし、既に児童扶養手当の受給資格について認定を受けている場合は不要です。

5.簡易な収入見込額の申立書(申請者本人用)【家計急変者】(様式第4号)※申請者の生活を経済的に支えている扶養義務者などの方がいる場合は、その方の申出書の提出も必要です。

6.申立を行う収入額が分かる書類(給与明細書、年金振込通知書等)

申請期間

令和2年7月22日から令和3年2月26日まで

厚生労働省 「ひとり親世帯臨時特別給付金」 コールセンター

厚生労働省では、ひとり親世帯臨時特別給付金に関する皆さまからの問い合わせに対応するため、ひとり親世帯臨時特別給付金 コールセンターを設置しておりますので、ご不明な点はご相談ください。

電話0120-400-903(受付時間 平日 9:00 ~ 18:00)

この記事に関するお問い合わせ先

こども支援課

〒340-0152
埼玉県幸手市大字天神島1030-1(ウェルス幸手内)
電話 0480-42-8454 ファックス 0480-42-2130

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2020年07月29日