幸手市不妊検査費・不育症検査費・不妊治療費助成事業

平成31年4月1日~ 不育症検査費・男性不妊治療費の助成が開始になりました!

(注意)申請書類が新様式になっています。ご注意ください。

 

 

ゆりかごからこちらを見ている赤ちゃんのイラスト

 幸手市では、母親の出産・育児・子育てを支援する一環として、不妊検査・不育症検査・不妊治療を受けた方を対象に、費用の一部を助成します。
 

不妊検査・不育症検査

不妊検査助成の概要

  不妊検査
申請要件
  1. ご夫婦の一方又は双方が幸手市に住民登録があること
  2. 市税などの滞納がないこと
  3. 不妊検査の開始日に妻の年齢が43歳未満であること
対象となる
検査  
  1. 埼玉県のホームページに掲載されている、指定医療機関もしくは助成対象医療機関でうけたもの
  2. 夫婦で行った検査
  • 夫婦でどちらか早い検査開始日から、1年以内のもの
  • 特定不妊治療による助成金等、他の助成を受けている検査は対象とはなりません。
助成内容

ご夫婦1組につき、1回限り、2万円を限度として助成します。ただし、1,000円未満の端数が生じる場合はこれを切り捨てるものとします。

(注意)埼玉県内の他市町村で助成を受けたことがある場合、対象となりません。

申請期限 夫婦のうち不妊検査期間の終期が遅い方の日から起算して1年以内

 

不育症検査助成の概要

  不育症検査
申請要件
  1. ご夫婦の一方又は双方が幸手市に住民登録があること
  2. 市税などの滞納がないこと
  3. 不育症検査の開始日に妻の年齢が43歳未満であること
  4. 2回以上の流産、死産、あるいは早期新生児死亡の既往がある場合、又は医師から不育症の判断がある場合
対象となる
検査  
  1. 埼玉県のホームページに掲載されている、指定医療機関もしくは助成対象医療機関でうけたもの
  2. 夫婦で行った検査、妻のみで行った検査
  • 夫婦でどちらか早い検査開始日から、1年以内のもの又は、妻のみが受けた検査で検査開始日から1年以内のもの
  • 特定不妊治療による助成金等、他の助成を受けている検査は対象とはなりません。
助成内容

ご夫婦1組につき、1回限り、2万円を限度として助成します。ただし、1,000円未満の端数が生じる場合はこれを切り捨てるものとします。

(注意)埼玉県内の他市町村で助成を受けたことがある場合、対象となりません。

申請期限 夫婦のうち不妊検査期間の終期が遅い方の日から起算して1年以内

 

申請に必要な書類等

(注意)不妊検査と不育症検査、両方を申請する場合にはそれぞれに交付申請書、実施証明書の提出が必要となります。

2.医療機関が発行した領収書(原本)

 (注意)不妊検査・不育症検査の内容、費用が明記されていない場合は、診療明細書等の細がわかるものもご持参ください。

4.印鑑

5.振込先の口座がわかるもの

不妊治療

不妊治療助成の概要
  不妊治療
申請要件
  1. ご夫婦の一方又は双方が幸手市に住民登録があること
  2. 市税などの滞納がないこと
  3. 埼玉県不妊治療費助成事業の支給をうけていること
対象となる
治療  

埼玉県不妊治療費助成事業の対象となった治療

助成内容 ご夫婦1組につき、対象となる治療の費用から埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給額を控除した額とし、1回につき10万円を限度として助成します。ただし、1,000円未満の端数が生じる場合はこれを切り捨てるものとします。
申請期限 「埼玉県不妊治療費助成事業助成金」の決定を受けた日から起算して1年以内

申請に必要な書類等

2.医療機関が発行した領収書(原本)

(注意)不妊治療の内容、費用が明記されていない場合は、診療明細書等の明細がわかるものもご持参ください。

3.埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
(注意)埼玉県への申請前に必ずコピーをとってください。

 

4.埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し

5.印鑑

6.振込先の口座がわかるもの

様式ダウンロード

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課

〒340-0152
埼玉県幸手市大字天神島1030-1(ウェルス幸手内)
電話 0480-42-8421 ファックス 0480-42-2130

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2019年05月13日