熱中症にご注意ください!

熱中症イラスト

「熱中症」は、屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

正しい知識を身につけ、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

例年よりもリスクが高まっています

運動不足で体が暑さに慣れていない

外出機会が減っていることもあり、汗をかいて体温を下げる準備(暑熱順化)が整っていないことや、筋力が減少し体内の水分をためる機能も低下していることが考えられます。

マスク着用の機会が増えている

感染症予防のため、暑い日でもマスクを着用する機会が増えています。マスクをしていると、体内に熱がこもりやすく、のどの渇きも感じづらくなるため、気付かないうちに脱水状態に陥るケースもあります。

熱中症3つの備え

屋内での備え

1.生活リズムを整え、食事・睡眠をしっかりと

2.上手にエアコンを使い、こまめな換気を忘れずに

3.喉が渇く前からこまめに水分補給を

体調不良時の備え

1.めまい、立ちくらみ、手足のしびれは熱中症の危険サイン

2.涼しい場所に避難して、服を緩めて体を冷やす

3.我慢せず周りの人にSOS #7119 へ相談を

屋外での備え

1.外出は暑い日・時間を避けて

2.早め早めの水分補給。マスク着用時は要注意

3.日傘、帽子を使い、涼しい服装を

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントが公開されました

令和2年度の熱中症予防行動

1.暑さを避けましょう

換気扇や窓開放で換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整

2.適宜マスクをはずしましょう

屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、適宜マスクをはずして休憩を

3.こまめに水分補給をしましょう

1日あたり1~2リットルを目安に。大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに

4.日頃から健康管理をしましょう

体調が悪い日は無理せず自宅で静養

5.暑さに備えた体作りをしましょう

水分補給をしつつ無理のない範囲で。「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動を

環境省ウェブサイト

環境省のウェブサイト「環境省熱中症予防情報サイト」(外部サイトへ移動します)では熱中症の分かりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表しています。

環境省ウェブサイトQRコード

熱中症予防の5つのポイント

1 上手にエアコンを活用しましょう

高齢者や持病のある人は、特に注意が必要です。暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります

エアコンを上手に使って、体の中に熱を溜めないようにしましょう。

2 熱くなる日は要注意

熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。

特に急に熱くなる日は、体が暑さに慣れていないため注意が必要です

また、夏の猛暑日も注意が必要です。湿度が高いと体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなります。猛暑の時は、早めに涼しいところに避難しましょう。

3 こまめに水分を補給

のどが渇く前に水分を補給しましょう

汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も摂りましょう。アルコールを含む飲料は、かえって体内の水分を排出してしまうため、危険です。

加齢とともに喉の渇きが感じにくくなる傾向があります。朝起きたときや夜寝る前にコップ一杯水を飲むようにするなど、自身の感覚に頼らず時間を決めて水分摂取することも効果的です。

4 普段と違うと思ったら、病院へ

熱中症は、めまい・頭痛・吐き気・だるさなどの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関へ相談しましょう。

5 周りの人にも気配りを

自分のことだけでなく、周りの人にも気を配りましょう。

家族や友人の様子がいつもと違うと感じたら、水分摂取する・エアコンをつける・氷や保冷剤などで体を冷やす・救急電話相談(#7119)を利用するなど身近にいる人が行動することで救える命があります。

 

熱中症予防5つのポイント(表紙)
熱中症5つのポイント(裏面)

熱中症予防のために

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課

〒340-0152
埼玉県幸手市大字天神島1030-1(ウェルス幸手内)
電話 0480-42-8421 ファックス 0480-42-2130

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2020年06月16日