5歳から11歳までの小児接種について

小児の3回目接種が承認されました

 小児接種の3回目接種は、 2回目の接種から少なくても5か月経っている必要があります。

 ワクチンの承認時は対象者の数が非常に多くなることから、接種券を2回目の接種が早い方から順次発送いたします。
 接種券が届き次第、接種を希望される方はご予約をお願いします。

 現在、小児接種については、個別の医療機関で行っています。

 予約についても実施医療機関に直接ご確認ください。
 小児接種の実施医療機関

小児接種について

 この接種は努力義務であり、義務ではありません。接種を強要することや、接種の有無で差別的な扱いをすることは絶対にしないでください
 使用されるワクチンは、ファイザー社の小児用のワクチンです。
  ※ファイザー社「接種を受ける方とそのご家族の方々のためのサイト
 12歳以上の接種ワクチンを、量を減らして接種するわけではなく、小児用に作られたワクチンです。

ワクチン接種のスケジュール

接種日

個別の医療機関での接種を行っております。
接種日については、実施医療機関毎で異なりますので、予約時にご確認ください。
個別の医療機関での小児接種については、直接医療機関にお問い合わせください。

小児接種実施医療機関についてはこちら

接種券の発送について

3回目接種の接種券

 9月16日から2回目の接種が早い方から順次発送をしています。
 予約状況やワクチンの供給量等を踏まえ、発送してまいります。

 なお、入院・入所中の場合や主治医の下で接種する等で、接種日が決まっている場合については、送付より前に発行をいたします。
 接種券の発行については、「こちら」をご確認下さい。

初回接種の接種券

5歳のお誕生日を迎えられた月の翌月に接種券を発送しています。

12歳の誕生日を迎える方について
 
12歳(誕生日の前日で12歳の扱いとなります)になると、小児ワクチンでの1回目又は3回目の接種が出来なくなります
  接種日や接種券も異なるので、小児ワクチンでの接種を希望される方は、必ずお誕生日前の接種日でご予約ください。(12歳以上の接種についてはこちら)
1回目と2回目は同じワクチンとなります。
  1回目を小児ワクチンで接種した後、2回目の接種日までに12歳のお誕生日を迎えた場合は、2回目も小児ワクチンとなります。
  1,2回目の接種が小児ワクチンだった場合でも、3回目接種の際に12歳の誕生日前日を迎えていた場合は、小児ワクチンではなく、12歳以上の方のワクチンでの接種となります。

「5歳から11歳」と「12歳以上」の接種の違いについて

共通すること

・2回接種が必要です。1回目と2回目の間隔は21日(3週間後の同じ曜日)とされています。

・予約が必要です。予約には接種券が必要です。
※12月以降、接種券はシールタイプから、直接予診票に印字されるタイプに変更されました。

・ワクチンの仕組みはmRNA(メッセンジャーRNA)です。
  ウイルスの情報をあらかじめ細胞に教え、ウイルスを攻撃する仕組み用意するように促すワクチン。

予防接種救済制度があります。

・感染を防ぐものではなく、感染した際に重症化を防ぐものです。
  ワクチン接種後も感染予防対策の継続をお願いします。

・筋肉注射です。肩が出しやすい格好で接種にお越しください。

・副反応等接種後の相談先
  「埼玉県新型コロナワクチン専門窓口」 ※24時間 土日祝も対応
  電話 0570-033-226  ※聴覚障がいのある方向けファクス番号048-830-4808

違いについて

保護者の同伴が必要です。
保護者の同伴が難しい場合は、予診票に保護者の署名と当日の同伴者の署名をお願いします。
当日の同伴者の方は、医師から本人の状態を聞かれた際に、答えられる方に限ります。

接種の際に必要な物が違います。
  □接種券と予診票(接種券は予診票に印字されています)
  □接種者本人の本人確認書類(被保険者証や母子手帳等)
   ※母子手帳での本人確認は出生届出済証明の記載があるものに限ります。
  □保護者の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)
  □母子手帳

接種の証明は母子手帳に行います。

 ・出やすい副反応が違います。(出典:特例承認に係る報告書より)
症状が出た人の割合 症状
50%以上(痛みは70%以上) 注射した部分の痛み、疲労感
10~50% 頭痛、注射した部分の赤みや腫れ、筋肉痛、寒気
1~10% 下痢、発熱、関節痛、嘔吐

接種についての不安や心配のある方へ

ワクチンについての効果や出やすい副反応などのご相談はコールセンター又は小児接種の実施医療機関にお問い合わせください。
幸手市新型コロナワクチン接種コールセンター
 電話0570-008-889 毎日午前9時から午後5時まで
幸手市小児接種実施医療機関はこちら

基礎疾患のある場合など、個別の内容については、かかりつけ医にご相談ください。
また、新型コロナワクチン以外の予防接種等を接種される予定がある場合は、接種間隔等を接種される医療機関等にご確認ください(基本的には前後14日空ける必要があります)。

接種を実際に受けるお子さんも不安を抱えています
接種についてお子さんとよく話をして下さい。
(接種券にお子さんと一緒に読んでいただけるような案内も同封しています。)
  ※こちら(PDFファイル:256KB)です。

12歳以上16歳未満の接種が開始された際に、幸手市では小児科の先生による説明会を行いました。
新型コロナウイルスの感染拡大している中、改めて開催することは難しい状況ですが、当日の動画や資料を公開しております。
5歳から11歳の接種にも多くの部分が共通する内容となっています。


接種についての各種リーフレット等

ファイザー社「お子さまと保護者の方へ」(PDFファイル:8.4MB)

ファイザー社「保護者の方へ」(PDFファイル:2.4MB)

厚生労働省「小児用接種リーフレット」(PDFファイル:3.1MB)

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン対策室

〒340-0152 埼玉県幸手市大字天神島1030-1(ウェルス幸手内)
電話 0480-42-8422 ファックス 0480-42-2130

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2022年09月20日