動画集

幸手市の魅力を動画で感じてください!

ロマンチックな「まこもの馬づくり」

権現堂川地区には古くから受け継がれている伝統行事があります。それは、実に40年以上も続いている取り組み「まこもの馬づくり」です。
農耕儀礼や火難除けとのいわれもありますが…
短冊をつける竹に、短い竹を一本横に渡し、その左右に雄雌の馬を向かい合わせて結びつける。
そして、天まで届けとばかりに高々と押し立てることで、馬に乗った織姫と彦星は夜空で再会できるというロマンチックな言い伝えもあるようです。
権現堂川地域のみなさんが先生となり、権現堂川小学校の5・6年生は、世界に1つだけの素敵なまこもの馬を作ります。
まこもの馬に込めた願いが叶うといいですね。

幻のお米「白目米」(ふるさと納税返礼品/数量限定)

江戸時代、幕府への上納米の中でも「食味優良にして他の上納米は遠く及ばず」と評価の高かった「白目米」。
現在ではほとんど姿を消してしまいましたが、幸手市ではわずかながら栽培されています。
当時、日本一おいしいと言われた“幻のお米”「白目米」をご紹介します。
生産者のお庭には、立派なサボテンの木もあります。【2022年6月16日撮影】

米どころ幸手の「農業体験」(八代小学校)

幸手市では、農家さんの理解と協力のもと、市内小学校児童が「田植え」や「稲刈り」を体験しています。
これは、生命、自然、環境、食物などに対する理解を深め、農業の役割、生産と勤労の尊さを体得することを目的としています。
美しい田園風景が広がる地域だからできることでもあり、児童らは手足などから伝わる大地の感触に終始笑顔です。

幸手「環境学習」(幸手小学校)

さって市民環境ネットのみなさんが先生となり、幸手小学校4年生を対象に「環境学習」が行われています。
美しい田園風景が広がる地域ゆえ、地域には学習の材料がたくさんあります。
授業の目的は、田んぼの妖精ホウネンエビの一生や身近な草花の生態系などに興味を持ち、その特徴や生態について調べ、SDGs17の目標の一つである「人と自然が共存する方法を考える」です。

米どころ幸手の「どろんこ農業体験」(権現堂川小学校)

幸手市では、農家さんの理解と協力のもと、市内小学校児童が「田植え」や「稲刈り」を体験しています。
これは、生命、自然、環境、食物などに対する理解を深め、農業の役割、生産と勤労の尊さを体得することを目的としています。
美しい田園風景が広がる地域だからできることでもあり、児童らは手足などから伝わる大地の感触に終始笑顔です。

幸手市シティプロモーションMOVIE「このまちが好き 幸手市」

幸手市の魅力を発信するPR動画を制作しました。全国有数の桜の名所「権現堂堤の桜」をはじめ、四季折々の自然の美しさや歴史と伝統、活気あふれる情景など、「このまちが好きになる」魅力あふれる内容です。

幸手市PR動画「幸せなら手をつなごう」第1部

   都会での生活に窮屈さを感じ、子どもをのびのびとした環境で育てたいと思う若い子育て世帯が、移住先として子育て応援日本一をめざし、子育て支援に力を入れている「幸せを手にするまち 幸手市」を選ぶというショートストーリー。

制作にあたっては、市の若手職員による制作チームを結成し、内容の検討を重ねてストーリーを考え、撮影、編集等については、市内の団体である、幸手へそづくり応援団のみなさんに御協力をいただきました。

幸手市PR動画「幸せなら手をつなごう」第2部

子育ての相談や手続きがワンストップで行える「子育て総合窓口」をはじめ、様々な事業を実施し、安心して子育てできる幸手市を紹介する動画です。

埼玉県幸手市お米大使のメッセージ

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 ファックス 0480-43-7088
秘書担当 内線222、223
シティプロモーション担当 内線224
広報担当 内線225

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2022年07月07日