4月は「若年層の性暴力被害予防月間」です

令和4年度 若年層の性暴力被害予防月間

国では、令和2年6月に「性犯罪・性暴力対策の強化の指針」を取りまとめ、令和3年4月から若年層の性被害に関する問題を広報啓発するのに適した毎年入学・進学時期である4月を「若年層の性暴力被害予防のための月間」としました。

4月は進学・就職等に伴い、若年層の生活環境が大きく変わり、被害に遭うリスクが高まる時期でもあります。性犯罪・性暴力の被害に遭っていながら、相談できない、被害の自覚がないということもあります。

また、民法の一部改正により、令和4年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引下げとなりました。これにより、18歳になると一人で有効な契約をすることが可能となり、未成年者取り消しができなくなるため、AV出演強要やJKビジネス問題など、若年層の性暴力被害の深刻化が懸念されます。

大切な人が性犯罪・性暴力の被害者、傍観者にならないよう、日頃から正確で必要な情報をみんなで共有して、社会全体で性暴力をなくしていきましょう。

R4若年層の性暴力被害予防月間リーフレット

性犯罪・性暴力被害 相談窓口

〇性犯罪・性暴力被害のためのワンストップ支援センター(内閣府)

全国共通番号 #8891(はやくワンストップ)

〇性犯罪被害相談電話(警察)

全国共通番号 #8103(ハートさん)

「AV出演強要」「JKビジネス」に関するトラブル

〇若年層を対象とした性的な暴力の啓発(内閣府)

〇警察相談専用電話(警察)

全国共通番号 #9110

性的画像を含むインターネット上の問題

〇女性の人権ホットライン(法務局・地方法務局)

電話番号 0570-070-810

〇違法・有害情報相談センター

職場におけるセクシュアルハラスメント

〇都道府県労働局雇用環境・均等部(室)

職場で受けたセクシュアルハラスメントについては、各都道府県労働局雇用環境・均等部(室)にご相談ください。

犯罪被害者支援

〇日本司法支援センター(法テラス)

電話番号 0570-079714

 

※詳しくはリーフレットや各ホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

人権推進課

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 内線162 ファックス 0480-44-0257

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2022年04月01日