都市計画法第34条第11号及び12号指定区域について

11号区域とは

 市街化調整区域内の既存の集落において、農振農用地や甲種・一種農地などを除き、一定の道路や排水路が存在する区域について、市長が指定をした区域です。

立地可能な建築物

 原則として第二種低層住居専用地域に建築できる建築物。

最低敷地面積

 原則として一区画300平方メートル以上。

12号区域とは

 市街化調整区域内で、おおむね50以上の建築物が50メートルの間隔で立ち並んでいる地域として、市長が指定をした区域です。

立地可能な建築物

 区域区分日(1970年8月25日)の前から自己またはその親族が所有する土地に建築する自己居住用の専用住宅、日用品の販売を行う小規模な店舗など。

最低敷地面積

 原則として一区画300平方メートル以上。

 建築指導課窓口にて区域図を有償(1部500円)にて頒布しています。なお、区域境界の細部等については窓口でご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

建築指導課開発指導担当

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 内線574 ファックス 0480-43-1123

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2019年01月31日