令和3年度市民税・県民税の申告について

令和3年度の市民税・県民税の申告に向けたお願い

例年、申告会場は大変混雑します。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、申告会場での三密(密集・密閉・密接)を避ける取り組みが必要です。

多数の人が集まる場所を避けるため、郵送による申告などをご検討いただき、感染拡大防止に、皆様のご理解とご協力をお願いします。

令和3年度市民税・県民税の申告について

令和3年度市民税・県民税申告書に記入して、申告してください。

令和3年度市民税・県民税申告書(両面印刷にご協力ください)(PDFファイル:3.4MB)

 

記入方法については、令和3年度市民税・県民税申告の手引き(PDFファイル:7.7MB)をご覧ください。

【主な掲載内容】

・市民税・県民税の申告をする必要がある人
・申告に必要なものの例
・市内の会場で受けられない申告(直接、春日部税務署へ)
・郵送で申告する人 など

 

(注意)医療費控除などの申告に必要な書類は、申請書ダウンロードのページの「市県民税(申告関係)」からダウンロードできますので、ご利用ください。

 

また、申告の際には、マイナンバーの記載・本人確認書類の提示が必要です。

確定申告書類

 

 

申告書の提出方法

「市民税・県民税申告書」は、郵送での提出を

申告会場の混雑(三密)を避け、会場での感染拡大防止のため、「市民税・県民税申告書」をご自身で作成できる場合は、郵送での提出にご協力をお願いします

郵送は、申告会場のような待ち時間もなく、新型コロナウイルス感染拡大防止につながります。

なお、令和2年度(昨年度)の市・県民税の申告をしている人には、「市民税・県民税申告書」を2月上旬に発送する予定です。郵送の際は、必要書類を添付し、同封の返信用封筒に入れてポストに投函ください。

 

市民税・県民税申告書の送付先

〒340-0192 幸手市東4-6-8 幸手市役所 総務部税務課 市民税担当

(注意)郵送により提出する場合は、マイナンバーの記載と本人確認書類の写しの添付を忘れないようにしてください。

 

【提出する際の留意事項】

根拠となる必要書類を必ず添付するようお願いします。

収入関係:給与や公的年金の源泉徴収票、支払調書、個人年金の通知書、収支内訳書など
控除関係:社会保険料控除の証明書、生命保険料控除の証明書、医療費控除の明細書など


以下に関することは、申告書に必ず記入してください。

・扶養にとりたい配偶者や扶養親族は、必ず名前等を記入してください。
(注意)源泉徴収票等に記載された扶養親族を外したい場合は、「〇〇を扶養から外す」と、裏面下部『税務課記入欄』へ記入してください。
・障害者控除の場合は、必ず氏名・障害の程度等の記入と、それを証明する書類の写し(障害者控除対象者認定書は原本)を添付してください。
・寡婦控除・ひとり親控除を適用したい場合は、必ず該当の欄にレ点を記入してください。

 

令和3年度市民税・県民税の申告会場での提出

令和3年度市民税・県民税の申告会場を設けます。

申告期間
令和3年2月16日(火曜日)から3月15日(月曜日)

詳しくは、受付日時・会場のページへ

 

【注意】「確定申告書」の郵送による提出は春日部税務署へ

ご自身で作成された「確定申告書」を郵送で提出する場合は、直接、春日部税務署へ郵送してください。

〒344-8686 春日部市大沼2-12-1 春日部税務署
電話 048(733)2111(自動音声)

 

ただし、市役所税務課窓口、または、市内の申告会場において、春日部税務署への回送(申告書をお預かりし、税務署へ回送するだけで、市で申告内容の確認はしません)の受付を行っています。

春日部税務署への回送の受付期間は、2月16日(火曜日)から3月15日(月曜日)までです。期限を過ぎるとお預かりできませんので、ご注意ください。

(注意)郵送により提出する場合は、マイナンバーの記載と本人確認書類の写しの添付を忘れないようにしてください。

 

【申告に関する豆知識】

公的年金収入が400万円以下の人へ

公的年金等の収入金額の合計が400万円以下で、かつ公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合には、所得税の確定申告をする必要はありませんが、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除などについて、市・県民税の申告をすることで税額を低く抑えることができる場合があります。

 

ただし、所得税および復興特別所得税の還付を受けるためには確定申告が必要です。申告が必要かどうかについては、下図をご覧ください。

年金収入が400万円以下の人へ

 

 

ふるさと納税ワンストップ申告特例を申請した人へ

ワンストップ申告特例の申請をした人が、医療費控除の追加などにより、確定申告や市・県民税申告を行った場合や、5か所を超える自治体にワンストップ申告特例の申請を行った場合は、特例申請が無効となります。

確定申告や市・県民税申告をするときは、必ずふるさと納税の内容を含めて申告してください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

税務課市民税担当

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 内線134 ファックス 0480-43-1125

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2021年02月02日