個人市県民税データ入力業務等の受託者における契約及び法令違反について

    市がAGS株式会社と委託契約を交わした、平成28年度及び平成29年度の「住民情報システム一括処理委託業務」における、「給与(年金)支払報告書イメージデータ等入力作業」及び「市県民税特別徴収税額決定通知書(事業所用)封入封緘処理」において、その一部を「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第10条」に違反して、市の許諾なく、特定個人情報を含む個人情報の入力等を再委託(再々委託含む)していたことが判明いたしました。

    受託者への調査等によると、再委託(再々委託含む)先から外部への特定個人情報を含む個人情報の流出は発生しておりません。

    詳細は下記のとおりです。

1. 本件の概要

(1)委託内容

     紙で事業所から受領した特定個人情報を含む給与支払報告書及び年金支払報告書の内容を市の基幹システムに取り込むために、受託者がデータ入力するとともに、イメージデータの作成を行うもの。また、特定個人情報が記載された市県民税特別徴収税額決定通知書を事業所ごとに封入封緘するもの。

(2)対象業務

  • 給与(年金)支払報告書イメージデータ等入力作業                                                                                               平成28年度 23,896件     平成29年度 22,731件
  • 市県民税特徴税額通知書(事業所用)封入封緘処理       平成29年度   8,414件

 

2.これまでに行った対応

    AGS株式会社(再委託業者含む)に特定個人情報を含む個人情報の流出がなかったことを確認しました。

 

3. 今後の対応

    今回の状況を厳しく受け止め、従来以上にAGS株式会社(再委託業者含む)に対し特定個人情報を含む個人情報の管理を徹底させ、再発防止に努めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

シティプロモーション課

〒340-0192
埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 ファックス 0480-43-1122

シティプロモーション担当内線682
情報システム担当内線683
広報担当内線684

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2019年01月08日