国民健康保険傷病手当金(新型コロナウイルス感染症関連)

 幸手市国民健康保険加入者で、新型コロナウイルスに感染、又は発熱等の症状があり感染が疑われたことにより、仕事を休み、給与等の全部又は一部の支払いを受けられない場合において、傷病手当金を支給します。

対象者(以下の全てに該当する方)

  1. 幸手市国民健康保険に加入している方
  2. 新型コロナウイルスに感染した方、又は発熱等の症状があり感染が疑われる方
  3. 勤め先から給与等の支払いを受けている方で、療養のために労務に服することができなかった方
  4. 給与の全部又は一部の支払いを受けていない方

支給期間

就労できなかった期間のうち、始めの3日間連続して仕事を休んだ期間(待機期間)を除いた、4日目以降の休みの期間。(入院が継続する場合は最長1年6ヶ月間)
(注意)4日目以降の休みが令和2年1月1日から令和4年9月30日までの間に属することが必要
 

支給対象日数

支給期間において、就労を予定していた日数

支給額

直近の継続した3ヶ月間の給与収入の合計額を就労日数で除した金額×2/3×日数

例)10日間新型コロナウイルスの影響で働けなくなった場合
直近3か月の給与収入
20万+20万+20万
就労日数 1日当たりの収入
60万÷60日
1日当たりの収入の2/3
10,000円×2/3
傷病のため休んだ日数
10日間‐3日間
傷病手当支給金
6,667円×7日
600,000円 60日 10,000円 6,667円 7日 46,669円

(注意)給与等が一部減額されて支払われている場合や、休業補償を受けることができる場合には、支給額が減額、または支給されないことがあります。

(注意)支給額には上限があります。

申請時必要なもの

下記の申請書1から4までについて必要事項をご記入の上申請してください。

1.傷病手当金申請書(世帯主記入用)

2.傷病手当金申請書(被保険者記入用)

3.傷病手当金申請書(事業主記入用)

4.傷病手当金申請書(医療機関記入用)
(注意)医療機関等から文書料を請求された場合は、自己負担となります

5.幸手市国民健康保険被保険者証

6.口座番号がわかるもの

7.本人確認書類

本人確認書類一覧

ア 公的機関が発行する顔写真付きの証明書

例:マイナンバーカード・運転免許証・旅券(パスポート)

 イ 公的機関発行のもので、氏名・住所が確認できるもの

例:保険証・年金手帳

 ウ 氏名などの確認できるもの(自署可能な会員証や名刺は除く)

例:金融機関等の通帳やカード・社員証・診察券

(注意)アは1点でお手続きできます。イウは2点必要です。(イ+イまたはイ+ウ)

★世帯以外の人が代理人になるときは「委任状」と「受領者の本人確認書類」が必要です。

(注意)4. 傷病手当金申請書(医療機関記入用)は、感染又は感染の疑いにより受

診 した医療機関に作成を依頼ください。

なお、自宅待機等により医療機関を受診しなかった場合は、当該申請書の提出は不要ですが、「2. 傷病手当金申請書(被保険者記入用)」の事業主記入欄に事業主の証明が必要となります。

(注意)郵送による申請の場合は本人確認書類の写しを同封してください。

(注意)郵送する前に各申請書に押印があるか必ず確認してください。

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課国民健康保険担当

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8
電話 0480-43-1111 内線144 ファックス 0480-43-1125

メールでのお問い合わせはこちらから

更新日:2022年07月01日