埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内税務課>平成30年度市民税・県民税申告及び確定申告に係る受付日時・会場
平成30年度市民税・県民税申告及び確定申告に係る受付日時・会場
申告期間 平成30年2月16日(金)〜3月15日(木)
 市役所で所得税・復興特別所得税の確定申告書の用紙は、市役所税務課でも配布しています。
 ご自身で作成された確定申告書の春日部税務署への回送(申告書をお預かりし、税務署へ回送するだけで、市で申告内容の確認はしません)の受付は、2月16日(金)から3月15日(木)までとなります。

 市・県民税の申告書については、平成29年度(昨年度)市・県民税の申告をしている人に2月5日(月)に発送する予定です。
会場 月日 受付時間 対象地区
ウェルス幸手
(幸手市保健
福祉総合センター)
2階 研修室
2月16日(金)
【午前の部】
8:30〜11:00
整理券は
8:15から
発券します。



【午後の部】
13:00〜15:30
整理券は
13:00から
発券します。
西関宿、花島、中島、槙野地、神扇、平野、中野、長間、下宇和田
税理士会による
無料申告相談
(所得税のみ)
営業、農業、その他庶業で白色申告の人
ただし、譲渡所得を除く

2月19日(月) 上吉羽、神明内、木立、上宇和田
2月20日(火) 惣新田、細野、下吉羽
2月21日(水) 緑台1・2丁目、栄1〜3番
2月22日(木) 栄4〜7番、吉野、吉野1丁目
2月23日(金) 天神島、天神島1丁目、戸島、戸島1・2丁目、平須賀、平須賀1・2丁目
市役所
第二庁舎2階
第1会議室
2月25日(日) 平日に申告できない人
2月26日(月) 東1・2丁目
2月27日(火) 東3〜5丁目
2月28日(水) 中1〜3丁目
3月1日(木) 中4丁目、北2・3丁目
3月2日(金) 中5丁目、大字幸手5,000番台
3月5日(月) 北1丁目、大字幸手1〜3,300番台
3月6日(火) 内国府間、外国府間、権現堂
3月7日(水) 上高野、上高野1丁目
3月8日(木) 南1・2丁目
3月9日(金) 南3丁目
コミュニティセンター
集会室
3月12日(月) 西1・2丁目、大字幸手3,400〜4,000番台
3月13日(火) 中川崎、下川崎、香日向1〜4丁目
3月14日(水) 千塚、円藤内、松石、高須賀
3月15日(木) 上記日程に申告できない人
指定日時に都合のつかない人は、上記日程表の都合のよい日にお越しください。
確定申告は、市内各申告会場(上記日程)でもできますが、つぎの人は市内会場では申告できません。
青色申告・損失申告・準確定申告(納税者が死亡した場合の相続人の申告)・過年度申告をする人  
源泉徴収票のない人で、確定申告をする人  
土地・家屋、株、ゴルフ会員権などの譲渡所得について申告する人(公共用地の土地収用に係る譲渡所得も含む)  
雑損控除の申告をする人  
投資信託などに伴う所得の申告をする人  
申告分離課税を選択する配当所得の申告をする人  
初めて住宅借入金等特別控除の申告をする人  
住宅耐震改修特別控除・住宅特定改修特別税額控除・認定長期優良住宅新築等特別税額控除の申告をする人  
医療費控除の申告をする人は、事前に「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を作成してください。 医療費控除の明細書ダウンロード
セルフメディケーション税制の明細書ダウンロード
各会場の受付初日及び午前中は大変混み合います。待ち時間が長くなりますので、時間に余裕をもってお越しください。
2月16日(金)、19日(月)、20日(火)、21日(水)、22日(木)の5日間は、税理士会による無料申告相談(所得税のみ)も行っておりますので、営業、農業そのほか庶業で確定申告をする人は、ぜひご利用ください。
申告期間中は、市役所の税務課窓口では申告できませんので、お手数でも申告会場までお越しください。
駐車場には限りがありますので、なるべく車の利用はご遠慮ください。
確定申告・消費税・相続税・贈与税についてのお問合せは税務署へ⇒
国税庁ホームページへリンク



春日部税務署
春日部税務署案内図
〒344-8686
 春日部市大沼2丁目12番地1
 п@048(733)2111
 ※自動音声応答による案内


春日部税務署ホームページ


<アクセス>
春日部駅(西口)から徒歩20分
朝日バス(かすかべ温泉行)バス停「地方庁舎前」から徒歩2分
駐車場が狭いため、車の利用はご遠慮ください。
公的年金収入が400万円以下の人へ

   公的年金等の収入金額の合計が400万円以下で、かつ公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合には、所得税の確定申告をする必要はありませんが、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除などについて、市・県民税の申告をすることで税額を低く抑えることができる場合があります。
 ただし、所得税および復興特別所得税の還付を受けるためには確定申告が必要です。
 申告が必要かどうかについては、下図をご覧ください。
ふるさと納税ワンストップ申告特例の申請をした人へ

   ワンストップ申告特例の申請をした人が、医療費控除の追加などにより、確定申告や市・県民税申告を行った場合や、5か所を超える自治体にワンストップ申告特例の申請を行った場合は、特例申請が無効となります。確定申告や市・県民税申告をするときは、必ずふるさと納税の内容を含めて申告してください。

問合せ 税務課市民税担当  0480(43)1111 内線132、133、134
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載