埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内保険年金課国民年金制度>保険料の免除・納付猶予
保険料の免除・納付猶予

● 保険料の免除・納付猶予制度
 保険料を未納のままにすると、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金などを受け取ることができない場合がありますが、学生納付特例、免除・納付猶予(一部免除で減額された保険料を納めた場合を含む)、法定免除の場合は、受け取る条件に含まれます。
     

<学生納付特例制度>
 学生の場合、前年所得が一定額以下のとき、申請により承認されると、在学期間中の納付が猶予される学生納付特例制度があります。
 申請月の2年1か月前までさかのぼることができます。
  ○ 申請に必要なもの
年金手帳、学生証または在学証明書、印鑑、(特例認定は下記の添付書類)
[申請期間は、4月から翌年3月までです。毎年申請が必要です。]


<免除・納付猶予制度>
 国民年金の第1号被保険者は、前年所得が一定額以下で保険料を納めることが困難なときは、申請により承認されると、保険料が免除(全額免除・一部免除)されるか、または納付が猶予されます。
 申請月の2年1か月前までさかのぼることができます。
  ○ 申請に必要なもの
年金手帳、印鑑、(特例認定は下記の添付書類)
[申請期間は、7月から翌年6月までです。毎年申請が必要です。]


※特例認定
 次の場合などは、所得が一定額を超えていても、学生納付特例、免除・納付猶予になる場合がありますので、添付書類が必要です。
退職(失業)の場合、雇用保険受給資格者証など公的機関の証明の写し
震災・風水害・火災などにより、住宅、家財などについて、被害が最も大きい財産の損害がおおむね2分の1以上である場合、被災状況届など


<法定免除>
 次に該当する国民年金の第1号被保険者は、届出により保険料が免除されます。
@ 障害基礎年金などの障がいに関する1,2級の公的年金受給者
A 生活保護の生活扶助を受けている人
B 厚生労働大臣が指定する施設に入所している人
  ○ 申請に必要なもの
年金手帳、障害年金証書・生活保護受給証明書など、印鑑


 
※追納について
 免除や猶予を受けた期間は、保険料を納付したときに比べ、年金受給額は少なくなります。そのため、承認された月から10年以内であればさかのぼって納めることができます。
 ただし、2年度を過ぎた分の保険料には加算額が付きます。納付を希望するときは、年金事務所や市役所保険年金課で追納の手続きが必要です。
 


問合せ 保険年金課 電話0480(43)1111内線145・FAX0480(43)1125
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載