埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内>保険年金課

保険年金課 0480-43-1111
国民健康保険担当 (内線142,143,144) 国民年金担当 (内線145,146)
・国民健康保険の加入・喪失・給付
・国民健康保険税

・国民年金の加入・喪失・給付申請の受付
後期高齢者医療担当 (内線147)
・後期高齢者医療制度の各種申請の受付
・後期高齢者医療制度保険料の納付

課の配置図はこちら

保険年金課からのお知らせ
<国民健康保険>
 ・70歳未満の被保険者の高額療養費の自己負担限度額の見直し
 ・70歳以上の人の医療機関での自己負担割合一部変更
 ・国民健康保険被保険者証の更新について
 ・国民健康保険税についてのお知らせ
 ・国民健康保険税の特別徴収(年金天引き)について
 ・国保保養施設について
 ・幸手市特定健康診査等実施計画
 ・毎月最終日曜日に市役所の一部を開庁しています
  幸手市国民健康保険税の賦課方式の見直し等について(案)パブリックコメント募集

<後期高齢者医療制度>
 ・平成28・29年度後期高齢者医療保険料率が決定しました
 ・所得税の確定申告等参考資料
 ・平成29年度保険料から軽減措置が改正されます

<国民年金>
 ・社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の発行
 ・年金受給のための必要資格期間の変更


国民健康保険制度とは
 私たちは、いつ、どんなときに病気やけがをするかわかりません。本人はもちろん、家族などの周囲の人にも大きな不安や経済的負担をかけてしまいます。
 国民健康保険(国保)は、そういう場合に備えて、加入者が日ごろからお金(保険税)を出し合い、病気やけがをしたときの医療費にあてようという助け合いの制度です。
▼後期高齢者医療制度とは
 平成20年4月1日から75歳以上(65歳以上で一定の障がいがあると認定を受けた方を含む)の方を対象とした医療保険制度です。
 誰もが安心して医療を受けることができるように、高齢者世代と現役世代の医療費負担を明確にして公平で分かりやすい制度にすることを目的につくられました。
▼国民年金とは
 20歳〜60歳のみなさんは、全員国民年金に加入します。
 少子高齢化が進む中、大切なことは社会全体で高齢者の生活を支えていく仕組みです。国民年金は、20歳〜60歳のすべての人が加入し、国民全体で支え合う制度です。将来のあなた自身のためにも、国民年金の保険料は忘れずきちんと納めましょう。

市民便利帳(保険年金課関係)
<国民健康保険>
 ・国民健康保険の加入手続き
 ・国民健康保険の喪失手続き
 ・医療費が高額になったとき
  >高額療養費の支給限度額適用認定証等入院時の食事代の減額
 ・医療費を全額自己負担したとき
 ・出産育児一時金について
 ・葬祭費について
 ・保険税の納付
 ・介護保険適用除外施設入所の届け出
 ・国保保養施設宿泊費助成事業
 ・特定健診
 ・人間ドック・脳ドックの検診費用の一部助成について

<後期高齢者医療制度>
 ・後期高齢者医療制度の加入について(75歳になる方へ)
 ・保険証を紛失・破損したときは
 ・医療費が高額になったとき
 ・限度額適用・標準負担額減額認定証について(入院するときは)
 ・医療費等を全額自己負担したとき
 ・後期被保険者が亡くなったとき
 ・保険料について
 ・保養施設宿泊費助成事業
 ・健康診査の実施について
 ・人間ドック・脳ドックの検診費用の一部助成について
 ☆埼玉県後期高齢者医療広域連合ホームページ

<国民年金>
国民年金制度
加入・喪失
付加年金と国民年金基金(国民年金に上乗せしたいとき)
保険料の納付と社会保険料(国民年金保険料)控除
保険料の免除・納付猶予
年金手帳の再交付
公的年金の給付
 >年金の受給に関する手続
 >年金加入者・受給者が亡くなったとき
 >国民年金の給付
詳細については、日本年金機構ホームページをご確認ください。
春日部年金事務所(日本年金機構ホームページ)(幸手市最寄り年金事務所)
予約制年金相談(春日部年金事務所)


Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載