埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内学校教育課>児童生徒の学力向上を目指して
児童生徒の学力向上を目指して


 平成28年4月に実施された全国学力・学習状況調査の結果から見られる本市の子どもたちの実態や、その実態に基づいた学力向上のための取組みについてお知らせします。


【全国学力・学習状況調査とは…】
子どもたちの学力や学習状況を把握し、指導に活かすために、小学校6年生、中学校3年生を対象に毎年実施する調査です。
国語と算数・数学の2教科を行い、それぞれ「知識」に関するA問題、「活用」に関するB問題のテストを行います。また、学校での学習の状況や生活習慣などのアンケートも行います。

【平成28年度全国学力・学習調査の結果から】
調査結果の詳細については「全国学力・学習状況調査 幸手市全体の調査結果概要」をご参照ください。
小・中学校のいずれも、国語、算数・数学の全国平均値を下回る状況です。
平成27年度との比較では、小学校で国語A、算数Bで全国平均との差を1.3ポイント縮め、向上のきざしは見られます。
「家で学校の宿題をしている」と回答した小学校6年生は全国平均値を上回りましたが、中学校3年生は全国平均値を大きく下回っています。
携帯電話やスマートフォンの利用時間では、中学校3年生において、全国よりも長時間利用する傾向が見られます。

 市では、これらの実態を踏まえ、学力向上に向けて、@基礎的・基本的な学力の向上、A家庭学習の充実の2つを柱に、さまざまな取組みを行っています

幸手市の学力向上の取組み

 <@基礎的・基本的な学力の向上に向けて>
「さってアフタースクール」事業の実施
児童の放課後の学習支援を行う「さってアフタースクール事業」を平成28年度から市内全小学校で実施しています。
平成28年度は、対象児童である小学校4年生〜6年生の約3分の1の児童が参加しています。
教職員を対象とした研修会などの実施
経験の浅い教員を対象に教員の指導技術の向上や新たな教育課題に対応するための講演などを行う「幸手・桜の学びセミナー」を実施しています。
中学校の数学や英語の授業改善のための授業研究会や英語授業アドバイザーを派遣した指導力向上の取組みも実施しています。


 <A家庭学習の充実に向けて>
「幸手市家庭学習宣言」の配付
平成28年度から、保護者向けの家庭学習の手引きをすべての保護者に配付しました。
家庭学習の意義や学年ごとの目標、学習時間や家庭学習のポイントを掲載しています。
詳細については「幸手市家庭学習宣言」をご参照ください。

▲家庭学習宣言

▲携帯電話・スマートフォン
利用についてのリーフレット
「携帯電話・スマートフォン利用についてのリーフレット」の配布
平成27年度から、児童生徒用と保護者用の2種類のリーフレットを作成し、携帯電話やスマートフォンとの関わり方やルールについて家族で話し合うきっかけとできるようにしています。

▼保護者の皆様へ
 子どもたちの学力向上の要は何といっても学校の授業です。本市では、子どもたち一人ひとりを伸ばす教育の実現のため、今後も教員の指導力向上を目指し取り組んでいきます。
 保護者の皆様には、各家庭で学習しやすい環境を整えたり、長時間の携帯電話・スマートフォンの使用について制限するなど、家庭学習の充実になお一層のご協力をお願いします。


問合せ 学校教育課 電話0480(43)1111内線633・FAX0480(43)3188
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載